トロンボーン

トロンボーンの基礎練習!自由に演奏するために必要な事とは?

トロンボーンを上達するために避けて通ることができない基礎練習。
皆さんは自分で決めている練習メニューがありますか?

ひとりひとりの得意なこと苦手なこと・伸ばしたい所によって行うべき練習は変わってきますが、ここでは私が行っている練習メニューとその意義や注意点についてお話していきます。

[楽譜] レミントン/トロンボーンのためのウォームアップ練習曲【10,000円以上送料無料】(Remington Warm-up Studies(Hunsberger, Accura Music)《輸入楽譜》

価格:3,348円
(2019/7/5 18:21時点)

楽譜 アーバン/トロンボーンとユーフォニアムのためのアーバン・コンプリート・メソッド(ENC9175/輸入楽譜(T))

価格:15,336円
(2019/7/5 18:16時点)

基礎練習の意義

基礎練習をする時には、必ず目的をもって行うことが大切です。
なぜそ練習をするのか、その練習を通してどんな技術を身につけたいのかを明らかにしておきましょう。

なぜ基礎練習をするのか

基礎練習というのは、スポーツで言えば筋力トレーニングや柔軟体操のようなものです。

簡単に言ってしまえば

  • より難しいことができるようになる
  • 既にできることがより簡単になる

ということです。
もちろん実際に演奏する楽曲の中で技術を身につけることも可能ですが、どうしても音域や音量・テンポやリズム等に偏りが生まれます。

無数にある音楽に対応できるように、様々なパターンのトレーニングを行っておくのです。

基礎練習をする時に常に意識するのは「音色」

基礎練習だけでなくトロンボーンを吹いている間、ずっと考えているべきことです。

私にとって基礎練習というのは

「どんな状況でも良い音で吹くための練習」

と言えます。
よって基礎練習をする時には2つのことを意識しましょう。

「音色を磨くこと」と
「磨いた音色を色々なパターンで出せるようにすること」です。

この2つはそれぞれに合った練習の仕方がありますが、どちらも均等に進めていくのがいいでしょう。

それではひとつひとつの練習を考えていきましょう。

ブレストレーニング

↓私が行っているトレーニングはこちら↓
トロンボーンのブレストレーニング

トロンボーンのブレストレーニング プロ奏者のやり方・便利アイテムもトロンボーンを吹くにはたくさんの空気が必要です。プロ奏者のトレーニング方法を紹介。...

管楽器にとって欠かせないのが呼吸。

私たちにとって身近なものだからこそ、毎日少しずつトレーニングする必要があります。

私が普段気を付けていることをお話します。

スムーズな呼吸

トロンボーンの音は呼吸から作られます。
音色・音量・音域・音の長さと短さ。その全てに呼吸が関わっています。

様々な演奏スタイルを息の流れによってコントロールするため、“簡単に”呼吸することが重要になります。
この簡単な呼吸を基準にして形を変えていくことで、音楽を作っていくのです。

では簡単な呼吸とはなんでしょうか?

今あなたは簡単に呼吸していませんか?
私たちが無意識にしている呼吸、これを拡大したものがトロンボーンを吹くときの呼吸と私は考えています。
おのずと、スムーズな呼吸の仕方が導き出されるはずです。

大量の空気

空気は様々な音楽を作るハンドルでありながら、楽器から音を出す燃料でもあります。

特にトロンボーンは大きな楽器で、演奏するにはたくさんの空気が必要になります。
たくさんの空気をスムーズに扱えるようになれば、より自由に演奏することが可能になるでしょう。

肺活量がトロンボーンのすべてというつもりは全くありません。
ですがあなたが普段ブレストレーニングをしていないのであれば、今後の訓練で肺活量が増える可能性は大いにあります。

バズィング

マウスピースだけで音を出す、バズィング。
おそらく誰もが、楽器を出したらこれをすると思います。
私もやります。

輸入楽譜/トランペット/トンプソン:バズィングブック(日本語翻訳リーフレット付)

価格:5,616円
(2019/7/5 18:27時点)

バズィングの練習は一生懸命やってもいいし、少しだけやってもいいし、やらなくてもいいです!

プロ奏者の中にも、やる人とやらない人がいます。
ということは、あまり重要でないのかもしれません。

ですが私はそれなりにバズィングに時間をかける方なので、日ごろ気を付けていることを記しておきます。

優しい息が流れていること

まずこれが大前提です。
バズィングしながら、マウスピースの前に手をかざしてみて下さい。
優しく温かい息が出ていることを確認しましょう。

この息の流れを確かめることができるのが、バズィング練習の最大のメリットだと私は思っています。

もし息が流れていなければ、マウスピースを口につけて、音を出さずに息だけを吐いてみて下さい。
これは誰でもしっかりと息を流せるはずです。
この息を覚えておいて、もう一度バズィングしてみましょう。
これを繰り返して、息の流れを作ってください。

マウスピースと楽器は違うことを理解する

当然のことですが、マウスピースとトロンボーン本体では抵抗感がまるで違います。
マウスピースと楽器は全く同じように吹けるものではない、と理解してください。

それをふまえつつ

  • アンブシュアの動き
  • 口に対するマウスピースの角度
  • バズィングで音程を捉えること

などなど、バズィングの特性を活かして練習していきましょう。

ロングトーン

ロングトーンはトロンボーンの基礎練習の中で最も重要なトレーニングと言えます。
トロンボーンの音色を磨くために、とても効果があるからです。

音色を磨くためには

  • スムーズな呼吸
  • 息のスピードや量
  • キメの細かい唇の振動

このような要素ひとつひとつを観察しながら練習を進める必要があります。
そのために必要なシンプルな練習、それがロングトーンなのです。
楽器の持ち方や呼吸するときの体の動きにも注意しましょう。

出したい音のイメージを作る

まず練習に取り掛かる前に、自分がどんな音を出したいのか・どんな音が好きなのかをしっかりとイメージしましょう。

もちろん好きなトロンボーン奏者の音でもいいです。
先に音源を聞いてイメージを固めるのも有効ですので、試してみて下さいね。

しっかりとしたイメージが頭の中に鳴っていれば、身体はその音を出すために動いてくれるはずです。

余裕がある長さ・音域で練習を

ロングトーンの練習をする目的は人それぞれあると思いますが、ここでは「音色を磨く」ことを目指す前提でお話します。

前述したように、「音色を磨く」ためには身体の動きを良く観察し、出したい音をしっかりとイメージすることが大切です。
そのためにはよりシンプルな(簡単な)練習をするべきです。

音が長すぎて辛くなったり、出しにくい音域を設定して別の問題が起きることは避けた方がいいでしょう。

私は♩=60前後で、6拍分を目安にしています。

また、息を吸う時間も余裕をもって設定しましょう。
私は上記のテンポなら2拍吸います。

リップスラー

リップスラーはロングトーンで作った音色を、倍音が変わっても再現する練習、と考えています。

とくにゆっくりなテンポでのリップスラーはロングトーンと同じように、身体や呼吸の仕方・息の流れ・アンブシュアの動きに集中しながら行いましょう。

息は常にまっすぐに

ロングトーンをしている時と同じように、まっすぐ息を吐くようにしましょう。
なめらかなフレーズを息で表現するイメージです。

とはいえ、音を変えるためには舌の位置やアンブシュアも変わります。
音が変われば通り道も出口も変わるということなので、 同じ量・スピードで吐いたとしても、実際に口から出る時には息も変わることを理解しておきましょう。

頭の中でなめらかなスラーを鳴らし、それをまっすぐな息で表現する、という動作が大切です。

歌でもトレーニングする

リップスラーはアンブシュアやシラブル(舌の位置)のとても繊細な動きで成り立ちます。

それらを観察しコントロールすることも大切ですが、いずれは無意識に自由に動かせるようになりたいですよね。

私が時間をかけているトレーニングですが

①練習しているリップスラーを譜面通り歌う
②歌った通りに頭の中で再生しながら楽器で吹く

これを何回か繰り返します。
この繰り返しをしている間は、口の中など技術的なことは考えずに吹けるはずです。

これは技術的な不安から解放されるためにとても効果的なトレーニングなので、リップスラー以外の練習にも取り入れてみて下さい。

スケール(音階)

スライドの動かし方やタンギングのしかたにもアプローチできるスケール練習。
私の体感ですが、トロンボーンの基礎練習の中で意外におろそかにされがちなのが、スケール練習だと思います。(私も苦手です)

トロンボーンのテクニックでつまずきやすいのは、やはりスライドの動かし方。
音を出す瞬間にスライドが正確な位置に来ていない人というのは、意外に多いです。

特に激しい動きのフレーズなんかは気づきにくいこともあります。
これがうまくいくことで、思いもよらない上達(音域が広がったり、音色が変わったり)が起きることもあるので、練習する習慣の無い方はすぐに取り入れましょう。

スライドのスピードよりもタイミングを意識する

スライドの動かし方で大切なのはスライドを動かすスピードと思う方は多いと思います。

実際に速く動かせると良いとは思うのですが、そのためにスライドや楽器を持つ手に力が入るのは避けたいところ。
両手に必要以上の力が入ればスライドの動き出しが遅れたり、止める時に揺れたり、止まりきらなかったりする原因になります。

まずは

  • 音が変わる直前まで動かないこと
  • テンポを落としゆっくり動かして良いので、正確なポジションにしっかりと止めること。

この2点を意識して練習してみましょう。

スライドだけを取り出して練習する

呼吸して音を出しながらスライドの動きにも気を配り…というのはなかなか難しいですよね。

こういう時はスライドだけを取り出して練習しましょう。
メトロノームを必ずつけて、譜面通りに動かすのです。

音を出さないことは力みの解消にも繋がり、先に述べたスライドを動かすタイミングも改善しやすくなるでしょう。

これができたら楽器を吹く、うまくいかなければまたスライドだけを動かす、というように繰り返してみて下さい。

トロンボーンの基礎練習は積み重ねが大切

たくさんの練習について書きましたが、まずはそれぞれ少しずつでも良いので、バランスよく満遍なく取り入れていきましょう。

どの練習も毎日続けて積み重ねていくことが何より大切です。

もちろん練習に費やせる時間も人それぞれですから、使える時間の中で無理なく計画を立ててくださいね!

練習メニューの立て方・立てた練習メニューについての質問など、問い合わせもお気軽にどうぞ。